すべては土づくりから始まる-2018

すべては土づくりから始まる-2018

 

いちごづくりのすべては

土づくりから始まります。

 

2月。春の収穫の裏で進めていたのは

来期の土づくり。

 

牛農家さんで廃棄される堆肥をトラックで運び、

土づくり用のハウスの中に平らに、平らに、広げていきます。

 

この堆肥を発酵させて土をつくるのですが

高さにムラがあれば発酵がうまく進まないので

その微調整が難しい。

 

いや、コツをつかむまでが難しい。

 

お世話になっている農家さんからトラクターを借り

試行錯誤しながら耕運。

 

数日後、堆肥は発酵され

表面には白い菌糸がみられるようになります。

 

一面がビシッと白くなった畑を見ると一安心。

 

こうしていちごづくりが始まります。

 

 

 

前の記事
前の記事