【Vol.20】嫁じょ、JKの座を失う

NO IMAGE

f:id:cha112333:20170817155650j:plain

f:id:cha112333:20170817155652j:plain

f:id:cha112333:20170817155658j:plain

f:id:cha112333:20170817155700j:plain

ブラックネタですが、今ある結果がすべて。

誰にでも過去があるってことで

笑ってくださいね!

 

ここからは、長いのであしからず。

当時は「本当の私を愛してほしい」

そのくせ、

「自分の気持ちなんて誰もわかってくれない」

と、独りよがりでした。

 

病気を100%理解してくれる人なんて

当事者以外にはいないかもしれない。

 

だけど、いつでもどんなときでも

「あなたのチカラに少しでもなりたい」

と思ってくれている人は必ずいると思います。

 

それに、気づくか気づかないか、

甘えられるか甘えられないかだけ。

 

そして、人間、完璧には生きれないと

経験から学びました。

 

「今日こそ食べよう」

「明日こそ学校に行こう」

と、自分で決めては何度も裏切ってきたからね。

 

でも、それが現実で、

ダメな自分がいてもいいのだと思えたとき、

心から自分を愛せるようになり

再び歩き始めるのでしょう。

 

同じ日々は続かないし、

かならず前にすすむ「とき」がくるもの。

そして、そのとき、

ありのままの自分を表現していたいなと。

 

生きるきっかけは、

他者に自分を表現することから始まるのだと。

 

「表現する手段を使いこなせるほど、自由に生きることができる」

という私の持論。なんてね。

 

まだ27年しかいないので偉そうなことは言えませんが

お付き合いありがとうございました。

ちゃんちゃん

 

ってことで、次回はニートブロガー時代編です。

ダンナを応援してくれると嬉しいです。

 

 

 ▶︎いちごの販売はこちら

▶︎ LINEスタンプのダウンロードはこちら

▶︎YouTube登録「農家物語たいぴー」

▲TOPへ

 

前の記事